太刀打ちできないノスタルジック

永遠に続くと思ってた、あの怠惰で平坦で堕落しきった夏休みみたいな日々がふと思い出されて、腹と胸をわしづかみにされた。

ぎゅううっと、懐かしさはなぜあんなに心臓を絞るのだ。

遠いところまで来てしてしまったしもう戻れない。なんか泣きそう。